脱水症状は危険です

いよいよ夏本番。今年もまた猛暑のようです。夏の体調管理で特に注意したいのが脱水症状です。「自分はまだ大丈夫」と思って水を飲まずにいると、体の中で思わぬ悪影響を及ぼす恐れがあります。

夏を健やかに過ごすためにも、正しい脱水対策を知っておいてください。

 

危険な脱水症状

 成人の体重のおよそ60%が水分なのですが、汗をたくさんかいたり、水分補給が不十分だと脱水症状になります。体内の水分は飲料水だけでなく食べ物に含まれる水分や、体内で代謝によって作られる水などで補給されます。夏は暑さによる食欲不振により食べ物からとれる水分が減少する傾向があります。食事が不規則な人や食べる量が少ない人は塩分や水分が不足しやすくなるため食生活を見直す必要があります。

 夏風邪などで下痢をしたり、体を冷やすことにより排尿量が増えると体からでる水分が増えて脱水症状になりやすくなります。子供や高齢者は水分不足に気がつきにくく、また水分の減少量が少なくても重症になる恐れがあるため注意が必要です。

 「のどが乾いた」と感じたときには、すでに体内の水分が不足しているサインのため、のどが渇く前に少しずつ定期的に水分を補給することが大切です。日中を室内や車内で過ごしていて暑さを感じなくても意外に水分は失われているものです。脱水症の予防に水分を取るようにしましょう。

 

脱水症状の注意点

 あなたの生活を振り返って当てはまる項目がないかチェックしましょう。

食生活が不規則になりやすい

一日三食きちんと食事をとりましょう。水分だけでなく汗をかくとミネラル分も不足するためミネラルも補給しましょう。野菜や汁もの、果物など水分を多く含むものを意識して食べるといいでしょう。

のどが渇くと一気に水分を取る

適度な量でこまめに水分補給を。大量の水分をいっきに取ると胃液が薄まって消化不良や食欲不振の原因になったり、体内に吸収されずに尿となって排出されてしまいます。室内で過ごす場合でも1時間に1回は水分補給をするようにしましょう。

コーラなどの炭酸飲料、スポーツドリンクなどを多く飲む

カロリー過多に注意。脂質異常症や糖尿病になる恐れあり。

 

脱水症状のサイン

なんとなく体がだるい

軽い吐き気がする

頭痛がする

めまいがする

立ちくらみする

熱があがる(高齢者の場合)

このような症状がみられた時には水分補給をしないと、体調悪化や悪寒、意識がもうろうとする、熱い時には熱中症などの危険な状態になります。

 

ミネラルウォーターはまとめて準備しておく

 いつでも持ち歩けるようにミネラルウォーターは用意しておきましょう。インターネット通販を利用すれば運ぶ必要もないので便利です。

また近くのスーパーで購入するよりもビックリするくらい格安で購入できるサイトもあります。

 

 

 

経口補水液とは

薬局などで見かける経口補水液。塩分と糖分がバランスよく入った飲料水です。(1リットルに対して塩3グラムとグラニュー糖40グラム)

体内の成分に近いもので吸収が早いために熱中症などの緊急時にとても役に立ちます。また子供が下痢をしてしまって脱水症状が心配な時にも経口補水液は役に立ちます。

 

ウォーターサーバー

家庭でウォーターサーバーを利用されている人も増えています。ミネラルウォーターを常に購入するよりもかなりお得になるので、赤ちゃんがいる家庭子供がアレルギー体質である家庭、高齢者がいる家庭でよくつかわれています。

赤ちゃんがいる家庭ではミルクを作るのにいちいちお湯を沸騰させて冷ますという手間をかけずに済むので早いし安全です。

高齢者のいる家庭でもお茶を飲むのにお湯を沸かす必要がないので安全です。

脱水症状の予防にも常に安全な水があるのは心強いものです。一度ウォーターサーバーを使ってみると二度と離せなくなる人がほとんどなのも納得です。

いろいろあるウォーターサーバーからコストやサービス、水の質を考えてランキングしてみました。

 

 

© 2015 脱水症状 rss